So-net無料ブログ作成

これからの音楽と [まいにち]

私音楽をつくりたい気持ちは特にない
のに音楽業界に行きたい意味がよくわからないことに気づいた。
となると私を育ててくれるのは音楽の世界ではない。
ということ。

方向としてはアートワークの部分だ
でもこれからは、MVとグラフィックデザイン以外の理系のテクノロジー的な部分と、それをどう組み立てていくかのアイディアが今まで以上に必要になってくるであろうから
そうなった時に自分で出来ない部分が大きくなってくる
音楽は全てのクリエイター、技術者にもっと開かれた領域にならなくてはならない
全てがフラットに
そういう時代のアートディレクターに求められることは変わってくるんじゃないか
ディレクション能力がより必要になってくる

2011年 BjorkのBiophiliaプロジェクトはとてつもない衝撃だった。
人生を変えるくらいの
ライブ行きたかった。
あと、彼女のチームの中で1番ドキドキしたのがM/M(paris)の仕事だった。

でもコミュニケーションを繋いで生きて行くことが自分に果たしてできるのか?

これからのMVはどうなる?
youtubeで複製できることが音楽そのものの価値をさげた気もするんだけど
MVはあくまで「プロモーション」というPVに特化したものになって
一時MVのおかれていた「音楽の作品の一部」というポジションを果たすのは
また別のものになってくるであろう
複製のしようのないもの。

知の統合だし
芸術の統合だし
音楽は 行為に戻り
全ての中心にくるはず

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

てんてん2.gif ピクチャ 24.png てんてん2.gif

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。